AROMA ZONEのクレイをチークに・・・

先月にオーダーしておいた、AROMA ZONEのヴァイオレット クレイが国際優先便で届きました。

E-Conのピンククレイもしくは、ホワイトクレイをブレンドしたサクラクレイだけだと、肌に乗せたときにどうしてもオレンジ系に見えてしまいます。
そこで、このヴァイオレットのクレイをブレンドすると、頬に乗せた時ほど良いピンク色になるのです。

単品で見ると凄い色合いなのですが、ブレンド次第でとても良いナチュラルなチークが出来上がります。
このヴァイオレットのクレイの色はアースピグメント(天然鉱物顔料)のマンガンヴァイオレットが入っているためだそうです。

じゃあ、ヴァイオレットのクレイではなくて最初からマンガンヴァイオレットやウルトラマリンピンクで色付けすればよいのでは・・・とも思うけれども、そこはクレイを扱う者としてはやはりクレイのパウダーで調節したいのです。

今、行っているクレイセラピー検定対応講座の生徒さんにも使っていただきました。
本来ならば、ノーマルの肌色のフェイスパウダーをレッスンでは作っていただくのですが、今回はチーク用のフェイスパウダーを制作していただきました。
すると生徒さんから、メールで「チーク、毎日ウキウキ気分で使っています♡」と感想ももらって私もウキウキ!
これからも、レッスンではその季節や生徒さんに合うクラフトをプラスしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です